近況

授業での発表に備え、先週の土曜は久々に大学の図書館へ行った。が、ふらっと立ち寄った大学生協で、「ルーヴル展」のチケットが目に入ったのが運の尽き。予定変更。

気づけば友人に電話してた。聞けばまだ起きたばかりとのこと。(※13時半ごろ) 「何も言わず三条に来い!」。それだけ伝えて俺も図書館をあとにした。

駅の改札で無事集合。目指すは京都市立美術館。この日は雨がちで人出が少ないかと思ってた。が、土曜の午後だけあって大盛況。館内に入るだけで15分はかかったかな。待ち時間としてはマシな方だと思うけど。

館内には「プシュケとアモール」のポスターが至る所に貼られている。それを見るだけで気分が高揚。あの絵を知ったのは何年前だったかな。たしか英語の辞書に写真が載ってて、それを見たのが最初のはず。

思いつきで友人に解説を試みるものの、実際には音声ガイドに助けられっぱなし。入場した時刻は遅かったけど、閉館までたっぷり2時間かけてじっくり見た。満喫。


休日を楽しく過ごした代わり、今週そのツケが。発表はほぼやっつけ仕事。俺以外にも発表者がおり、そのレベルの高さに舌を巻く。ある一人にいたっては、「4回生でここまでやるとは立派やな」とのほめられっぷり。完敗。

まぁ発表自体は大過なく済んだため一安心。先輩から貴重なアドバイスももらえたし。来月の発表もがんばるしか!


木金の午後はずっとバイト。やりがいはあるけど、何かと大変。ただ、職場の雰囲気は悪くないので、気を病むことはほとんどない。・・・これから増えるんだろうな。


実は昨日、バイトの前に「ミラノ展」へ行ってきた。早起きしたのも久しぶりなら、天王寺に行ったのも久しぶり。やたら暑かった。

どの作品も興味深く鑑賞した。が、なんといってもダヴィンチ。安易な表現だけど、天才としか言い様がない。実物を見てその小ささに驚くが、絵に宿る神性といったら! いいもん見ました。


明日はゆっくり・・・もできず、午前中バイト。すでに大学入試レベルの問題を解いてる(正確には解かされている)中学生のカテキョ。ふだんは数学を教えてるけど、明日は国語らしい。めっちゃムズイんじゃないかと、ちょっぴり不安。

つくづく俺はエセ文学部生だと思う。これからもカワホリとして世に棲むよ。
[PR]
by lambda924 | 2005-10-15 02:10
<< 夜中に起きている・・・つぅかもう朝 宇宙讃歌 >>