月の向こう側へ

11/16(水)のせっちゃんのライブ@神戸チキンジョージ、どなたかチケットを1枚譲って下さい!!」と書いたら、本当に譲って頂けることに!! たまにはすっごい幸運に巡り会うね♪

チキンジョージは今年の9/24に訪れて以来。そう、前回はここでハイロウズKING BROTHERSを見たんだよなぁ。グッズ売り場の列に並んでいると、リハーサルの音が漏れてくる。でも、音量が大きくて漏れるどころか普通に聞こえるレベルw

整理番号がめっちゃいい番号だったので、開場してすぐ入れた。これだけでも大感謝。中に入ると懐かしい光景が。早速、前から3列目、ステージに向かってちょい左側に陣取る。

すでにステージ上ではセッティング済み。ぱっと見ただけでギターが10本以上目に入る。ベースも勿論、複数用意されている。

「そこにヒロトがいたんだよなぁ」

「あそこでマーシーがギターを・・・」

「奥でおーちゃんが・・・」

「俺の前方で調べさんが・・・」

と、少しセンチメンタルな気分に。以前と変わらず、左後方には「HOTEL TIKI-POTO」のオブジェがあるし。話しかける相手もいず、寂しかったw

開演まではたっぷり1時間ある。けれども、わりとすぐ時間は過ぎた。ステージ上で最後のチェックが終わる。客電が落ち、いよいよスタート!


来られてよかった・・・。初めて斉藤和義のライブを体験できて、感無量。ギターを何度も持ち替え、無限の音色がハコを包んでいく。エレキはひたすら格好良く、アコギはひたすら切なく。

噂どおりMCはゆる~く、かなりエロエロw とぼけた感じで飾らないキャラクターがたまらない。俺より少し年上の女性客が多く、何度もせっちゃんコールが起こってた。俺も「せっちゃん!」と数回呼んだw

ハイライトは何度も訪れた。でも、やっぱり「歌うたいのバラッド」を生で聞いた時が一番感動したかな。歌の持つ力が本当に強烈。時空を支配してた。感涙もの。

もちろん、「歩いて帰ろう」では大盛り上がり! 2番の歌詞では大合唱♪ これがやりたかったんだ!!

あっという間に本編終了。ラストをあんなにカッコよく締めるとは。ECはなんと4曲。バンドも客も完全燃焼。素晴らしい時間がすぎ、心地よい熱と余韻がずっと醒めない。

空を見上げれば円い月が。それだけで嬉しくなった。

個人的には、もっくんがめっちゃ楽しそうにプレイしてたので一安心。せっちゃんには“後ろ姿がクマみたい”なんて言われてましたがw


p.s. 次のライブもチキンジョージ、今度は the Sherbets だ!!
[PR]
by lambda924 | 2005-11-18 01:57
<< ぼくが旅に出る理由は 人間が一番タチ悪いって話 >>