「ほっ」と。キャンペーン

THE WORLD IS YOURS!

さっきやっと「スカーフェイス」を見終わったとこ。ブッ飛んだ。83年公開だから、俺が2歳の時の映画。本編だけでもお腹いっぱいなのに、特典映像もてんこ盛り。どっと疲れたw

昨日は夕食のあと「屋根の上のバイオリン弾き」を見た。こっちもある意味ぶっ飛んでた。“Traditon!”の声が当分頭から離れなさそう。

二作合わせて6時間。さすがに無謀だったか。どちらも堪能したから、後悔は無い。


ライブから一夜明け、シャーベッツのベストを聴く。「“グレープジュース”やってくんなかったなぁ」とか思いながら。ベンジーの仕草が頭をちらつく。観客の動作や声も。

ステージに登場した時からすでに、メンバーは光に溶け込んでいた。ブルー、グリーン、パープル、そしてレッド。色のリズムが弾んでた。

腕を必死に伸ばしてる奴がいる。手首を返して、零れ落ちる光を受け止めていた。まるで一片の雪のように。

実を言うと中盤、ベンジーの声が十分に出てない曲もあった。特に、高音がキツそうだった。でも、ライブが進むにつれていつの間にかノドの調子が戻ったみたい。本編のラストとアンコールでは完璧だった。ギターソロの壮絶さは言うまでもない。1本のギターがあんなに叫ぶなんて!


今眠っちまうと、昼まで起きられない・・・。「グレン・・グールド エクスタシス」を観て、日の出を待ちますw
[PR]
by lambda924 | 2005-12-12 05:58
<< つまり、なんつーか・・・パチー... 暖かな氷 >>