つまり、なんつーか・・・パチーノ萌え?

今日は14日。ってことで、『NANA』14巻の発売日。毎月掲載誌を読んでるうえ、コミックスもコンプリート。魔王の罠だw

「来春TVアニメ化決定!」らしいです。でも怖いなぁ。失敗しそうで。どうせ作るなら、レンがアレをライン状にして吸い上げるシーンも再現してくれ! ・・・放映禁止になりそうだな。


「スカーフェイス」でトニー・モンタナがコカインにおぼれる様はリアルだった。机の上に白い粉が山積み。それを次々に吸い上げるトニー。「おい、鼻の頭についてるぞ!」 脚本を担当したのがオリバー・ストーンってのがでかいね。なにせ経験者ですからw 特典映像に入ってる彼へのインタビューで、何度「コカイン」という言葉が登場したことか(爆

ミシェル・ファイファーがエメラルドグリーンのドレスに身を包み、初めて姿を現すシーンがいい。実にいい。トニー同様、観客も恋に落ちる瞬間。

どうでもいい事だけど、アル・パチーノは伴侶との仲がこじれる男性を演じることが多いなぁ。「ゴッドファーザー」シリーズ、「ヒート」、そして「スカーフェイス」。作品内で演じる役柄があの通りなので、それも道理ではある。反対に、実生活ではわりと良き夫っぽい気がするがどうなんだろう。

「セルピコ」も見るべきかな、やっぱ。「狼たちの午後」も中途半端にしか見てない。ところでこれ、邦題がいいよね。原題は“Dog Day Afternoon”だから、意訳というより違訳。だが、それがいい! 狂ったように暑い夏の日、繰り広げられる狂騒。

そういや、パチーノ主演の「ベニスの商人」が公開中だった。でも上映館数少なそう・・・。明日にでも足を伸ばして見に行こうかな。監督・製作・主演の3役をこなした「リチャードを探して」も気になる。ケビン・スペイシーやケネス・ブラナーも出演してるし。

もうおじいちゃんなんだよなぁ。背もあまり高くない。声なんてしわがれてる、昔からずっと。なのに魅了されっぱなし。これらの特徴もひっくるめて、好きってことだろう。

「スカーフェイス」の壮絶なラストシーン、一ヶ月は頭にこびりつきそうw
[PR]
by lambda924 | 2005-12-14 16:23
THE WORLD IS YO... >>