「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:音楽( 5 )

暖かな氷

ライブ終了から5時間。まだメロディーが鳴ってる。


夕方、家を出る。見事なほどの快晴。が、出足でいきなりつまづく。最寄り駅まであと1分、と思ったら電車が出発するのが見えた。いきなり“ミス”。

時間は余裕を持たせていたので、ライブには十分間に合う。が、友人との待ち合わせの時間・場所を変更することに。ちょっぴり気まずい。

阪急の車内で無事友人の姿を発見。ほどなくして三宮駅に到着。早速、チキンジョージを目指す。グッズ売り場でロングTシャツを購入。開場まではまだ1時間ほどある。晩飯を食らいにGO!

駅の方へ引き返し、店を物色。交差点でラーメン屋を発見。二人して「これだ!」。美味かった♪

グッズも買い、腹ごなしも済ませた。あとは、ジャマな荷物をロッカーにぶちこむだけ。が、駅のロッカーは全て使用中。「ナゼ?」 改札の周辺にはやたら人がたむろしてる。「どうして!?」 そういえば来る途中、車内はかなり混雑していた。「もしかして・・・!」

そう、全てルミナリエのせい!! どっちを見てもカップルばっか。こっちは野郎二人でライブだ、馬鹿野郎!!!(爆

駅以外にはなかなかコインロッカーってないもんやね。東急ハンズにはあったけど、午後9時まで。ちょうどライブが終わる頃。危ない橋を渡るわけにもいかない。仕方なく、バッグを抱えてチキンジョージの行列に並んだ。

6時半ごろ入場。場内を見渡す。陽水のポスターはいつ見ても笑っちまう。ミッシェルのポスターが2枚。椎名林檎の花輪。そして、HOTEL TIKI-POTOのオブジェ。


場内でかかっていた曲は、友人も分からないと言ってた。ベンジーのセレクトかな。過去二回と異なり、今日は隣に気が置けないヤツがいる。くだらない話をして楽しく時間がすぎる。

午後7時。開演時間。まだ始まらない。機材のチェックは済んでる。こちらはただ待つのみ。5分押しで客電が落ちた。突如場内に流れたのは“Over The Rainbow”。夢の時間の始まり。

悲鳴に近い声でメンバーの登場を迎える。ステージは青い光に包まれている。意外な曲でライブは始まった。張り詰めた空気に身を委ねる。音だけが現実。

2曲目は“Brixton Madness Party Generation”。ベストアルバムのラストナンバー。新曲だ。とがった音がひたすら心地いい。場内が一気に盛り上がる。そして、怒涛の“High School”へ!

序盤からトップギア。ありえないほどカッコイイ。年だけ考えたらベンジーはオッサンなのに、あの色気はなんなんだw

新曲をはさみ、中盤は「NATURAL」の曲が続く。どんどん透き通っていく。キレイな世界。冬の美しさ。

オールスタンディングとは思えないほど、場内がしっとりしてきた。みな静かに頭を揺らして聞き入っている。シャーベッツならではの光景。

「嗚呼、これもいいな。でも、そろそろ騒ぎたいぜ。」そんな気分を見透かしたかのように終盤へ突入。ベンジーがMCをとる。ちょっと噛んだw 地声は優しく、暖かい。ベンジーについてよく使われる「少年のような」という形容を実感。

“シェイクシェイクモンキービーチ”で場内はダンスフロアに。片足で、両足で、全身で飛び跳ねる。最高の気分。

本編のラストは「これしかない!」という曲。中盤の静謐さがウソのように、フロア全体が爆発する。盛り上がりすぎて俺は酸欠気味になったw


友人と顔を見合わせる。二人とも半ば放心状態。アンコールの手拍子はしっかりしたけどw

4人が再度登場。ベンジーの掛け声でメンバーの自己紹介が始まる。続いて奏でられたメロディーはあの名曲。今夜、絶対聞きたかった曲。ほんと感涙もの。“わらのバッグ”はベンジー自身の思い入れも深そう。

アンコールの2曲目も終わり、ついに最後の曲へ。最初はゆっくりと、次第に高みへとのぼり、一気に吹き荒れる嵐。その時、異世界への扉が確かに開いてた。まさに圧巻。


こうして俺(と友人)の初シャーベッツは幕を閉じたのでした。今思い返してみても不思議な気分。「あれは夢か幻か。あらぬものを見、そして聞いたような・・・。」あの音は宇宙につながってた気がする。

今年の見納めとなった今日のライブは「壮絶」、この一言に尽きる。素晴らしい気分で眠りに落ちることができそう。

Thanks a lot, Sherbets!
[PR]
by lambda924 | 2005-12-11 02:41 | 音楽

ぼくらは“歌う”カタチ

わりと今さらだけど、ダ・ヴィンチ 12月号スナフキン特集が組まれてます。ダヴィンチといえば――

ダヴィンチのひらめきと ライト兄弟の勇気で♪
と口ずさんでしまう。憂々(うぅ)、ハイロウズ・・・(T▲T)

そうそう、映画「ダヴィンチ・コード」は来年公開らしいっすよ。トム・ハンクスが主演だったはず。


それはさておき、特集の最初のページには「スナフキンの歌」を掲載。この曲、「おさびし山の歌」ともいうそうな。また、<スナフキンを芸能人にたとえると?>のコーナーでは、山崎まさよし・オダギリジョーなどの名前が挙がってます。

・・・ってちょっと待て。なぜに斉藤和義の名が出ていない!?

スナフキンの歌、とくればスナフキン・ソング。スナフキン・ソングと言えばせっちゃんだろう!! 記事を一通り読んだけど、一言も言及されてないってのはどーゆーことやねん・・・orz

“スナフキン・ソング”はシングル「Baby, I love you」のカップリングで、編集盤のCollection Bに収録されてます。彼の歌はどれも甲乙つけがたいけど、その中でも特に好きな一曲。

所詮この世は猿の夢の中♪

彼独特のユーモアセンスが好き。少しブラックで、エロチック。時にはすごくドラマチック。いろんな引き出しのある人。

つまり今日の話をまとめると、

11/16(水)のせっちゃんのライブ@神戸チキンジョージ、どなたかチケットを1枚譲って下さい!!

ということなんですよ(ぇ
[PR]
by lambda924 | 2005-11-13 23:14 | 音楽

NIN熱再燃

・・・単独来日はまだですか。待ちくたびれて溶けそうです。

こんな気持ちになったのは↓のライブ映像を見たから。

ttp://www.vh1.com/shows/concerts/voodoo_fest_2005/

NINファンはぜひ。ファンじゃなくても、1回は見れ。いや、見てつかぁさい。

こんなサイトもあるでよ。 → ttp://www.myspace.com/nin

予備知識の無い人が見たら、濃いファン層に引くだろうな(-_-; 正直、米国のファンのアレっぷりには俺も驚いてるw

髪型の所為で「清原」などと呼ばれるトレント御大、NINは彼が率いるバンド。いつの間にかフラジャイルツアー時のメンバーは総入れ替えになってしまった。最後まで残ってたジェローム・ディロンも心臓病を理由に活動休止・・・のはずが

ナイン・インチ・ネイルズのドラマー、実は元気だった (MTV)

これは何かの冗談だ、きっとそうに決まってる(T▲T) 色々情報を集めたところ(主に2ちゃん)、件の記事には記者の誤訳が含まれているそうな。それはともかく、脱退は事実。

ドラマーの交代って大問題だよなぁ。Led Zeppelin や the Who はドラマーの死によってバンド活動の終焉を余儀なくされたわけだし。新ドラマーのアレックス・キャラペティスに期待するしか。

アレックスはすでにツアーに参加中で、上に挙げたサイトでも彼がプレイする様子を見ることができる。かなり良さげ。ひとまず安心。

つーか、ライブ映像を見ると Right Where It Belongs やってるじゃん!“With Teeth”のラストを飾る静謐な佳曲。ぜひ生で聞きたいなぁ。

再びNINのライブを見る。その夢が叶う日は来るのか。まぁ、先のことは神様でさえ分かんないよね。静かに、されど熱く待つことにします。言うなれば低温やけどの状態。・・・なんじゃそりゃ。
[PR]
by lambda924 | 2005-11-06 02:16 | 音楽

NO ROCK, NO LIFE

ハイロウズのベストが発売されるそうな。→コチラ

買うべきか否か。アルバムを全部持ってる人間にとって、ベストを買う意義って何だ?

1.初心者にすすめやすい。

オリジナルアルバムは人によって好き嫌いがある。2、3枚聞いて「合わないなぁ」と思ってしまい、残りのアルバムを聞こうとしなくなるのは勿体無い。とはいってもハイロウズの場合、どれから聞いてもハマるとは思うんだがw

2.自分で作ったmyベストと違い、曲の音量レベルが統一されてる。

これはわりと現実的で、いい感じ。ただ、今ならCDを焼く時、PC上で音量の調節を自らできるらしいからなぁ。面倒くさそうだけど。

3.アルバム全部持ってようが、曲を全部知ってようが、買えばいいじゃん?

持ってて困ることはないし。でも、新曲をせめて1曲だけでもいいから収録してほしい。あるいは、ライブDVDを同封するとか。せっかくだから期待しておこう。発売は来年の元旦だ!


くるりのBaby I Love Youを買って、数回リピートしたところ。「赤い電車」は大好きだけど、こっちはまだピンとこない。「血の味がする」という歌詞を書いてた男が、こういう歌を歌うようになるってけっこう驚き。今のところ、斉藤和義の同名曲のほうが遥かに好き。くるりの方も、そのうちジワジワ来ればいいな。

で、来月はアルバムが発売されるわけで。もちろん、楽しみにしてるんだけど、ちと困ったことが・・・

・Rosso/ダイヤモンドダストが降った夜 11/16発売

・Sherbets/Siberian Madness 11/23発売

・くるり/Nikki 11/23発売


・・・全部ほしいんですが。俺にどうしろと。やっぱ買うしかないか、3枚とも。これだけで1万とんでっちまうぜ、ヒャッホゥ!
________________________________________

昨日は友人の家で、音楽DVDを鑑賞。ナンバガのOmoide In My Head: 3: 記録映像、レッチリのLive At Slane Castle 、そしてエレカシの「東京の空」のライブ映像(シングルの「友達がいるのさ」初回版付属のDVDに収録)

まず、向井(無戎)のジコチューぷりに爆笑。あんな奴とは、酒を一緒に飲みたくねぇっ!! 「ネコネズミ」って何だよ。何か分からんが何となく分かるぞ! ロックトランスフォームド状態、Yeah!!

レッチリのライブはまず、人数の多さに唖然。8万人らしいっす。8万人? 俺の町の人口とそんなに変わんねぇじゃん。音を後ろの方まで届けるの大変だな。マーシャルのアンプが9個も積んであるの、初めて見たよw ライブの内容にはシビれた。4人ともめっちゃウマイんだよな。フリーの超絶ベースだけでなく、トランペットを吹く姿も見られたし。代表曲の数々が、ライブでは一段とパワーアップして聞こえるのが嬉しい。中期のアルバムをまだ聞いてないけど、こりゃあ急いで聞かないと!

そして、エレカシ。映っているのは、ほとんどミヤジとトランペット奏者だけ(サポートの人)。圧巻のライブ。ミヤジはマジでオーラが出てる。ほんと、カリスマだなぁと思う。レコーディングの時も目をむき出して歌ってるのにはワロタw あと、初めて眼鏡をかけている姿を見た。意外と似合っている!?

こんな感じで一日はすぎたわけです、ええ。今日はミッシェルのラストライブを自室でこっそり見る予定。・・・想像しただけで、すでに泣きそうw 二年前、1回見てるのに。
[PR]
by lambda924 | 2005-10-27 15:52 | 音楽

笑えず泣けない 朝が来ても

昨日、遂に終わっちゃったね。そう、愛・地球博。・・・じゃなくて、hide MUSEUM。日付けが変わったから、もう一昨日のことになるのか。

彼の地には数年前の夏、一度だけ友人と訪れた。海のすぐそば、周囲は見渡す限り何もない原っぱ。そこに、ポツンと置き去りにされたかのような建物。今年閉館すると知ったのはつい最近。青天の霹靂だった。

このブログの左下を見てもらえば分かるとおり、ライフログの2つ目に登録してるのが先週発売されたばかりのツアーDVD。実は、まだ見てません。見たいんだけど、なんか踏ん切りがつかない。

昨日はずっと彼のCDを聞いてた。ソロ・X (JAPAN)ともにオリジナルアルバムは全部持ってる。なのにいざ聞こうとすると見つからず。仕方なく、あまり聞いてないベストをかけてみた。そしたら一気にあの頃の興奮が甦ってきて・・・。我ながら嬉しい驚き。

ベストやリミックスアルバムはあったのに、一番聞きたいアルバムが行方不明。でもそのうちひょっこり現れるんだろうな。しれっとした顔で。

優しいハートでヘヴィーなリフを奏でた彼。もう二度とあんな人は出てこないだろうな。イタズラが大好きで、自分が一番楽しんじゃう。周りはそれに振り回されながらも、いつの間にか病みつきになっちゃって。

ファンになったのは遅かったけど、楽しい夢をいっぱい見させてくれた。そして、今もその夢の続きにいる気がする。ほんと、ありがとね。怪人の暴れっぷり、そのうち見るよ。んじゃ、また!
[PR]
by lambda924 | 2005-09-27 02:17 | 音楽