<   2005年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

サマソニレポ halo quintus

人は終極に満足を覚えない生き物だ。より高く、より遠く、より深く。その思いはしばしば実の破滅を招く。ギリシャ神話のイカロスがその好例。

“the fragile”制作当時、トレントは精神に変調をきたしていた。闇は病みに通ずる。暗部の深淵に身を置いた男の悲痛な叫び――それが“the fragile”という作品だといっても間違いではないはず。

精神的な危機から脱した現在の彼が、当時の曲を演奏する意味とは何か。ファンの一人として、ついそんな事を考えてしまう。演奏されたのはeven deeper

do you know how far this has gone?

彼は何度、絶望と狂気の間を行き来したのだろう。当時の状況を知るにつけ、今彼が生きていること自体奇跡に思えてくる。

suck が始まる。“Broken”の隠しトラックだが、ライブでは定番の曲だ。すでに10曲以上演奏されたが、バンドのボルテージは一向に下がる気配がない。もうこうなったら、とことん、どこまでもついていくしか!

続く gave up はアップテンポの曲。ギターをかき鳴らすアーロン&トレント。お前ら、最高だ!ジャギーな響きにノせられて体がうねる。凧糸が切れたかのような曲のラスト。ライブもいよいよ大詰め。遂に、あの曲が始まった。
[PR]
by lambda924 | 2005-08-29 04:20

サマソニレポ halo quartus

closerで全員アッチにトんだ後、witha teetha、いや with teeth が始まった。アルバムのタイトルにもなっているこの曲、ひたすら沈んでいくような気だるさが逆に心地いい。トレントはギターをタンバリンに持ち替えている。余談ですが、今年のサマソニではオアシスもタンバリンを使ったらしいですね。口にくわえている写真がクロスビートに載ってました。今更ギタリストはムリだけど、タンバリニストを目指してみるか(ボソッ

この曲は途中でピアノによるバラードが挿入されるんですが、CD音源ではそこだけ録音レベルが低く、きちんと聞けていませんでした。だから、曲の途中でトレントが鍵盤を弾き始めた時にはその耳慣れないメロディーに「ん? 新曲!?」と一瞬思ってしまった。ファン失格!

バラードからまた元の曲調に戻りました。当然、トレントは再びタンバリンを手にするわけで。見ているものがビビるほどの気合で叩き続けるMr. Trent 。終いにはなんとこの人、タンバリンを壊しちゃったよ・・・。すかさず客席に投げ入れます。筆者の左斜め後方10mぐらいのところで争奪戦開始w

生で「ウィッザ ティッサァッ!!」を堪能できて大満足。今度はキーボードに向かうトレント。奏でだしたそのメロディーはそう、the frail

1音1音に魂を込めて演奏しているのがこちらにも伝わってくる。バックに流れる重厚な音が精神を静かに高揚させる。ゆっくりと最後のフレーズを弾き終えると、間髪入れずthe wretched のスタート。

冒頭のメロディーは精神の深部を抉り取ったかのような凄みがある。

now you know, this is what it feels like

A A# B C C# D D# E F G F G

くりかえされるコード進行が曲の内部へと聴く者を引きずり込む。神々しいまでの愉悦。the frail → the wretched の流れは絶対に聞きたかった。前回の来日公演にいけなかった無念が晴れていく。ライブも終盤に差し掛かった。
[PR]
by lambda924 | 2005-08-29 03:40

サマソニレポ halo tertius

hey God
I think you owe me a great big apology.

キリスト教文化圏ではこの歌詞、相当過激に聞こえるんだろうな。憤怒の情があたりを支配する。始まったのはterrible lie。1stアルバムの代表曲。

タメの効いたリズムにシビれる。フロントの三人が噛み付くように“terrible lie!”と連呼する。それに応え、客からも“terrible lie!”の応酬。傍から見ると見るとさぞかし異様な光景だったはずw

次はburn。「ナチュラルボーンキラーズ」のサントラに収録。オリジナルアルバムには収録されていないため、曲が始まっても「?」の人多数。実は俺もサントラを持っていないため、あまり聞き込んでいない曲。オフィシャルサイトでクリップを見られるので、興味のある人はぜひ → コチラの下の方にあります。

NINのクリップは気が変になりそうなヤバイものが多い。burnのクリップも逆再生の映像などが駆使されており、トベル内容になってます。生演奏も実にカッコよかった。

burnに続いて流れてきたシンセのメロディー。おおっ、これはcloserじゃん!次々に演奏される代表曲に狂喜。

you get me closer to god

1997年に発売された二巻組みライブビデオのタイトルが“closure”であることから分かるとおり、この曲は“the downward spiral”期を代表する曲です。肉体は螺旋階段をひたすら下降するようでありながら、精神はひたすら上昇を続ける感覚。○○○をキメながらこの曲を聞いたりしたら、ほんとヤバそうw

実際のところ、彼は○○漬けの状態でこの曲を書いたわけだが(-_-;
[PR]
by lambda924 | 2005-08-29 02:59

サマソニレポ halo secundus

続いて始まったのはthe line begins to blur。新作“with teeth”収録の曲をこの日初披露。6年の歳月を経て心境に変化が生じ、作風が大きく変わったNIN。今作では過剰なまでの作り込みを排し、スピーカーから流れる音が一直線に脳へと伝わるような曲作りを目指したとか。CD音源はシンプルに聞こえる嫌いがあり、ファンの間では賛否が大きく分かれている。それらの曲をライブではどうプレイするのか。注目ポイントの一つだった。

the line begins to blurに関してはライブでも違和感なし。というかむしろ、生演奏によって曲の説得力がより増しているような気がした。此処は現世か、幽界か。ぼやける世界。

異界に誘われた後、耳に届いてきたのはsomething I can never have。1st収録の佳曲。

I just want something.
I just want something i can never have

人は欲する。渇望する。決して手に入れることができないものを。(僥倖に恵まれて我が物にした時、「芋粥」の気分を味わうのが人の世の哀しさですね)

しみじみとした感慨を包む夜空。16年経っても色褪せないメロディー。言葉にすると軽くなっちゃうけど、やっぱこの人天才だわ。しっとりとした雰囲気になったところで、ダンサブルなイントロが始まる。the hand that feeds!

待ってましたとばかりに、客全員がノリまくり、歌いまくり! 歌詞の内容は「権力に立ち向かえるのか」という極めて政治的なもの。ブッシュが再選されたオ時、公式サイトで「アメリカ人の一人として今日は恥ずべき日だ。」とのメッセージを公開していたトレント。忸怩たる思いがこの歌に直結したのだろう。一聴するとポップだが辛辣な意味が込められた歌詞。この曲が世界中のラジオでかかっている痛快さ。

とまあ、歌の背景に思いを致すのもファンの務めですが、ライブ中はそんなん関係なし! ひたすら踊る、跳びまくる! 噂どおり、ギターのアーロン・ノース(exイカルス・ライン)のプレイっぷりがヤバイ。トレントが新メンバーに即認定したのも納得。ベースのジョーディを見るのは4年ぶり。その時はMMのメンバーだったんだよなぁ。まさかNINに入るとは。つーか,a perfect circle の活動はどうなってんだ?

ドラムのジェロームのみ、前ツアーに引き続いての参加。ってことはライブDVDでドラムを叩いていたのも彼のはず・・・なんだけど、同一人物に見えん。前は化粧してからなぁ

キーボードはアレッサンドロ。前メンバーのチャーリーを惜しむ声多し。俺もsinで彼がテルミンを操る姿が見たかった。もうムリなんだろうな・・・orz

そしてトレント。フロントマンにしてNINの本体、黒幕。実はもう不惑を越したオッサン。でも放つオーラには衰えなし。磁場の中心として全てを容赦なく巻き込んでいく。ライブの序盤がようやく終わろうとしていた。
[PR]
by lambda924 | 2005-08-29 02:24

サマソニレポ halo primus

場内には先ほどからBGMが流れている。そこへ突如、不穏なサウンドが混じりだした。重い音圧が場内の空気を切り裂く。EPの“Broken”収録の‘pinion’だ。沸き起こる歓声。単純なビートが続く中、加速度的に期待感が高まっていく。そして、遂に闇の中からメンバーが姿を現した!

“Let's go!!”

心を震わせるトレントの絶叫! 遂にNINのライブが始まった。1曲目はwish。初っ端からメンバーの気合が普通じゃない。ファンの熱意も尋常ではない。最高の幕開け。

wish there was something real, wish there was something true
wish there was something real in this world full of you

サビでは大合唱。こんな日が本当に来るとは。感無量。だが、ライブはまだ始まったばかり。続いてドラムが変拍子のリズムを刻みだす。7/8拍子。march of the pigsだ!

やっぱこの曲の盛り上がりは凄かった。前方のブロックではモッシュだらけ。会場は一気にヒートアップ。

now doesn't that make you feel better?

曲調の変化が心地いい。緩急のついた構成は何度聞いても飽きない。曲が終わりに差し掛かるにつれ、音がどんどん激しさを増す。一回目の昇天。すでにライブのクライマックスを迎えたかのような狂熱。嗚呼、そうか。俺はこれをずっと待っていたんだ。
[PR]
by lambda924 | 2005-08-29 01:16

サマソニレポ halo zephirum

その日の予報は雨。始まる前から予感があった。一生忘れられない夜になる――

2005年8月14日、午後7時20分。Slipknotのライブ終了後、ほどなくして会場を突然の雨が襲った。それまではどうにかこうにかもっていた天気が一気にしびれを切らしたらしい。空さえ待ち切れなかった、なんてのは言いすぎだとしても、あまりにできすぎた演出。

暑さとノドの渇きを癒す慈雨も、10分降り続けばさすがに不安が高まってくる。機材にトラブルが生じはしまいか? ライブの開始時刻が大幅に遅れてしまうのでは? 何より、この大雨の中本当にライブができるのか?

現に予定開始時刻の19:30はとっくにすぎていた。ライブは予定時刻どおりに始まる方が珍しい、とはいうものの雨が降り止む気配はない。それどころかますます雨脚が強まってくる。ステージではスタッフが楽器・機材のチェックに余念がない。張り詰めた空気。みな固唾を呑んでその様子を見守る。と、その時――

さっきまでの大雨がウソのように、ピタッと降り止んだ。会場全体に安堵の顔が広がっていく。ステージでは日本人のスタッフによる懸命の作業が続く。床の水分を拭き取ったり、照明の調子を確認している。

地味だが重要な仕事をやり遂げたあと、日本人スタッフは全員舞台袖に退き、代わって外国人のスタッフがステージに出てくる。マイクやサウンドのチェックを念入りに行う。いよいよ、あともう少しでライブが始まるんだ。実感がこみ上げてくる瞬間。

そして、とうとう外国人スタッフも全員ステージから去った。時刻は19時40分すぎ。あとは彼らの登場を待つのみである。
[PR]
by lambda924 | 2005-08-29 00:43

夏の魔物

↑はやってくれなかったけど、「ピンクのまん○」が聞けたからいーや。つーかあのメンツは凄すぎ。オープニングアクトさえ彼奴等でなければ・・・orz

今夜筆者の心を捕らえたのは、二人の男の瞳。この書き方だと、妖しいニュアンスでとれなくもないが、さにあらず!全身全霊を打ち込んで音楽に取り組んでいる人は、目の輝きが違いますね。まさに曇りのない目。

あんなに真っ直ぐな目をした人、初めて見たよ。昔は客を叱り付けるようなライブを繰り返していたとゆーのにw 今はもうエアコンを毛嫌いしていないらしいし、年齢を重ねて少し丸くなったのかな。有無を言わせぬ迫力には圧倒されましたが。

そして○○○○よ、アナタはどうして登場の時から目が潤んでいるんですか!? 見てるこっちがドキドキしたじゃねーか!(ヲイ) 二年ぶりの彼ら、ライブを見るのはこれで4回目だけど、ちっとも飽きない。それどころかライブが終了するや否や、もう次のライブに行きたいとさえ思ってしまう。


夏はもうすぐ終わるけど、去りゆく夏に感謝の念を。
[PR]
by lambda924 | 2005-08-27 00:47

サマソニレポ #7 (SlipKnoT)

DEEP PURPLEが終わり、残るバンドはあと2組。日が傾き、野外のステージを柔らかい光で包みだす。次第に暗くなる空。不穏な天気にふさわしく、トリ前を飾るのはSlipKnoT!

01のサマソニだけでなく、何度も来日公演を行っている彼ら。が、筆者にとっては初観戦。雑誌などでライブの凄まじさを知るものの、実際の様子はただ推し量るのみ。ついにこの日、自分の目で、そして耳で彼らを体験できることに!

ステージに向かって右のブロックの左端に移動し、柵につかまりながら待ちます。メンバーが登場するや否や、暴徒化するファン。凄まじいモッシュに押されて、ブロックの外へと押し出されました。でもあとから考えると、無理に前方の位置に拘らなくて良かったと思う、本当に。あの人の群れに巻き込まれたままだったら、窒息してたもん。

演奏の前からファンがそれほどまでに熱くなるバンド。筆者も相当期待していたんです。でも・・・

爆音をウリにするバンドは少なくない。そして、彼らは演奏のスキルの高さでも有名だったはず。なのに・・・

彼らの音・彼らの曲を必要とする人がいるのは分かる。でも、だからこそ、その人達には周囲に対して寛容になってほしい。午前中から何回もモッシュを体験したけど、SlipKnoTの時だけ異常だった。なんか悲しかった。

苦さが胸に残るライブ。されど、次のバンドへの切望感・飢餓感が高まったので結果的にはその場にいて正解だったかも。体を休めることに専念しました。

「マテ~!」 「スワレ~!!」 「トベ~!!!」 彼らの来日公演では恒例のMC。これだけは俺も堪能しました。


SlipKnoT 8/14 大阪

Prelude 3.0
The Blister Exists
(sic)
Disasterpieces
Before I Forget
Vermillion
Purse Of The Maggots
Duality
The Heretic Anthem
Spit It Out
People=Shit
Wait And Breed
Surfacing
[PR]
by lambda924 | 2005-08-21 14:50

サマソニレポ #6 (DEEP PURPLE )

MCMからはずっとOPEN AIR STAGEにいました。マッドの興奮が冷めやらぬ中、ほどなくして登場したのはDEEP PURPLE! まさに大御所。彼ら自身がハードロックの歴史だと言っても過言ではない。その歴史を感じさせる佇まいに思わず涙した人も多いはず。見た目フツーのオッサンだもんなぁ

実は前日になるまで電スチャとどっちを見るか迷ってました。出演時間がモロにかぶってたもんで。どちらもこのチャンスを逃すと二度と見られないメンツ。悩んだ挙句、ロック党の一人としてやはりパープルを見ることに。「日本で彼らを見られるだけでも幸運じゃん。」過度な期待はせずにその時を迎えたのです。

そしたら、初っ端からハマっちゃったよw プレイの虜。現役感が薄いのは仕方ないけど、それでもなかなかどうして、いや、これは凄い! 会場には筆者同様、20代の人が多数を占めていましたが、み~んな嬉しそうに聞いてた。老若男女問わず楽しませるその手腕に脱帽。

「ギターがリッチー・ブラックモアじゃないパープルなんて、ディープ・パープルじゃない!!」 往年のファンの中にはそう思う人もいたようですが、こちとらそんときゃ生まれてないもんで・・・。最盛期のメンバーによるライブを見てみたいとも思うけど、その夢はもう叶わないからなぁ。

一部の感傷・感懐をよそにライブは熱くなる一方。代表曲が次々と奏でられるのはもちろん、なんとツェッペリンやジミヘンのカヴァーまで織り込むというサービスっぷり! 周りを見渡したところ、同年代で反応してたのは俺だけでしたが・・・orz

ハイウェイ・スターで必死に高音を振り絞り、ある曲の間奏でナゾのクネクネ歩きwを披露するイアン・ギラン。やっぱあんたすごいよ。年相応の声しか出てなかったけど、俺は大満足♪

今、そして明日を生きるバンドは素晴らしいと思った。21世紀のディープ・パープルにも栄光あれ!


DEEP PURPLE 8/14 Osaka

1. Fireball
2. Woman From Tokyo
3. Strange Kind Of Woman
4. hush
5. Perfect Stranger
6. Highway Star
7. Space Truckin'
8. Smoke On The Water
 (Don Solo, Steve Solo, Stairway To Heaven, Back In Black, Voodoo Child, Iron Man)
9. Black Night
[PR]
by lambda924 | 2005-08-21 14:26

サマソニレポ #5 (THE MAD CAPSULE MARKETS)

「黄色い月が呼ぶ 誰も知らない遠くで ~ ♪」 月に帰る/スピッツ
昨日の満月を思い出しながら書いてます。月の向こう側 という曲もあるなぁ。lunacyという言葉に見られるように、西洋人にとって月は不吉なもの、忌むべきものだったみたいですね。逆に東洋、特にここ日本では、朧月のあえかな輝きを賞美する伝統が現在まで続いています。「想像力 それは愛だ(コインランドリー/ハイロウズ)」というわけで、祖先は「竹取物語」を生みました。多くの物語がそうであるように、「竹取物語」も実際の事件に取材して書かれたのだとしたら ・・・ 千年以上前、日本限定の「宇宙戦争」が起こっていたという事かっ!?
______________________________

うん、サマソニと全く関係ない話やね。あの日からすでに一週間経ってしまった。以下、乏しい記憶を手繰りながらのレポ。

14日の午後、Arcade Fireを堪能したあとで向かったのはOPEN AIR STAGE。会場に入るや否や目に飛び込んできたのは、巨大スクリーンに映るKyonoの姿。この日見た唯一の邦楽バンド。いや、邦楽というレッテルは彼らにはふさわしくない。活動拠点を海外に移し、外国のフェスでヘッドライナーを務める彼ら。爆音の中躍動するメンバーの姿には、同じ日本人とは思えないオーラが漲っている。

すでにライブは中盤。最前ブロックはモッシュ・クラウドサーフィンの嵐。そして乱れ飛ぶ幾多のペットボトルw 会場は狂熱の渦に巻き込まれていた。その様子を見て終始笑顔のTakeshi。ドラムのMiyagamiは安定しながらも熱いグルーブを生み出していく。

実はこの日が初マッド。彼らのライブの凄まじさを耳にはしていたものの、やはり実際に見ないとあの雰囲気は分からない。盛り上がりすぎてクラウドサーフィンした人達は(いわゆるダイブね)、スタッフの手によってブロックの外に連れ出されていた。何人も。何十人も! その人達はステージの前にある通路を進み、いったんステージから遠い所に誘導されたあと、また自分がいた元の場所に帰っていく。みんな笑顔。ブロック内の見知らぬ客とハイタッチ。俺もしましたw

あまりにも盛り上がりすぎ、自分の体を省みなかったためか、気を失ってブロックの外へ運び出される人もいました。筆者が確認したのは2人だけど、他にも何人かいたんでしょうね。ライブを満喫するためにも体調管理はしっかりと!とにかく水分補給を忘れずに!!


気づけばライブもあと一曲を残すのみ。KyonoのMC。「みんながハッピーになれる曲をやります!」そう言って始まったのは「神曲」! 今日初めて出会った人々が仲良く輪を組んで踊る。そして曲が激しくなるところで一気にモッシュ。この時ほどファンの一体感を感じた瞬間はない。

初めてのMAD観戦は一生忘れられない体験へ。また彼らのライブに行きたいなぁ。次も絶対野外で。じゃないとあの感動は味わえない。

ブランキーやミッシェルも野外で見たかった・・・orz


THE MAD CAPSULE MARKETS
(東京・大阪ともに同じセットリスト)

01. tribe 
02. OUT/DEFINITION  
03. pulse 
04. chaosstep   
05. gagalife  
06. jam   
07. worid 
08. BIT CRUSHERRRR  
09. island   
10. SCARY-Delete streamin’ freq.from fear side-  
11. MIDI SURF  
12. 神歌
[PR]
by lambda924 | 2005-08-21 13:58